伊勢名物といえば「赤福」。

 

 

三重県伊勢市の和菓子屋赤福の商品です。

300年以上もの歴史があり、創業当初から変わらぬ形と製法で作られています。

 

そんな昔から愛されている赤福は、みなさんご存じの通り、お餅の上にたっぷりのこしあんが乗った餅菓子ですよね。

そのあんこは、黒色です。

しかし、今回の黒餅は通常の赤福ではなく、創業にあたる宝永の時代から明治頃まで作られていた「黒砂糖」を使ったもののようです。

加えて白あんの「白餅」がセットになって発売されることになりました!

この記事では、赤福の「白餅黒餅」の発売日やカロリーを調査しました。

 

赤福とは?

 

先ほども言いましたが、赤福は、お餅の上にこしあんが乗った餅菓子です。所謂あんころ餅の一種。

赤福のこしあんには、3つの筋がついていますよね。

それは五十鈴川の川の流れを表しています。

そして、外装のピンク色のパッケージには「ほまれの赤福」と書かれていますが、明治皇后陛下にご用命を受けたことに由来しています。

すごいですよね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

國分和彦(@ryujin9z)がシェアした投稿

 

見た目も可愛らしくておいしい赤福ですが、とてもやわらかい餅なので、持ち帰りの時に傾けては崩れてしまうのでダメですよ!

 

それもそのはず、もち米は「もち米専門農家」が作る国産のもち米を使用し、もちもちだけではなくやわらかな食感にもこだわっています。

こしあんは、北海道産小豆の中でも厳選したものを使用し、舌触りなめらかに仕上げています。

そして、赤福本店では、なんと「出来立て」の赤福も食べることもできます。

そのやわらかさは、お土産用とは比べ物にならないとか!

お土産用でも十分やわらかくて美味しい赤福なので、信じられないやわらかさを一度は食べに行って体験してみたいですね。

 

折箱
8個入り 760円(税込)
12個入り 1,100円(税込)
20個入り(本店のみ) 1,860円(税込)

オンラインショップ限定「白餅黒餅」の発売日は?カロリーは?

 

お土産で購入したり、もらうことが多い赤福ですが、オンラインショップでも購入することができたことをご存じだったでしょうか?

赤福は生菓子のため、一部地域では発送不可能なのですが、発送日翌日までに届く地域には発送してくれます。

 

今回SNSでも話題のオンラインショップ限定で販売される「白餅黒餅」は、「白餅は白小豆を使い清らかさを込めたお餅」で「黒餅は昔からの素朴な黒砂糖味のお餅」です。

赤福オンラインショップ」で、10月17日から予約が開始され、10月29日に発送されます。

各日個数限定商品でかなりレアです!

 

折箱
白餅4個黒餅4個入り 1,000円(税込)※配送料別

(注文上限5箱まで)

 

カロリーは、白餅が1個当たり90kcalで黒餅が1個当たり96kcalなので、若干白餅の方がヘルシーです。

SNSでは、かなり注目されているようで「赤福ファン集合しているのか」「気になりすぎて買ってしまった」「バイカラー赤福」「菓子博行けなかったからめちゃくちゃうれしい。念願の黒が食べられる」なんて声が聞こえています。

予約開始時は、サーバーダウンもしていたみたいです。

あなたも人気の赤福「白餅黒餅」をお取り寄せしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

 

伊勢名物の赤福は、折箱で8個入り760円(税込)から購入することができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukapureanera(@yukapureanera)がシェアした投稿

 

赤福は五十鈴川をモチーフとした見た目で、白いお餅の上にたっぷりのこしあんが乗った餅菓子です。

今回SNSでも話題になっている赤福は、通常の赤福とは違い白あんを使った「白餅」と黒砂糖を使った「黒餅」になります。

カロリーは白餅1個当たり90kcal黒餅1個当たり96kcal

オンラインショップ限定販売で各日個数も限定商品です。

 

10月17日から予約開始で、10月29日より第一陣が発送されます。

白餅4個と黒餅4個の計8個入りで1,000円です。

通常の赤福の折箱が12個入りで1,100円なので少し高い印象ですね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki(@rihisena1599)がシェアした投稿

 

それでも、江戸時代の製法が令和の現代で食べられるんですから食べてみたいものです。

食べる時も、通常の赤福も買って比べてみたいですね。