埼玉県北部地域で江戸時代末期頃から生産されている藍染物伝統工芸品

武州織物」「武州正藍染」とも言われる。

 

(※フリー素材使用/藍染)

 

天明期に、現在の羽生や加須、行田、騎西など北埼玉で藍の栽培が開始されたことに
伴い、農家の主婦が農閑期を利用して家族の衣服を作ったことが発祥とされる。
最盛期を迎えた明治40年代には、当時の羽生町を中心とする同地域の一大産業となり
、藍染め職人が200軒以上の紺屋を構えた。

(出典:フリー百科事典 Wikipedia「青縞」より)