家族で一日大満喫!『国営ひたち海浜公園』でピクニック♪

 

 

国営ひたち海浜公園』は、茨城県ひたちなか市にある広大な公園です。

 

大きく7つのエリアに分かれていて、小さな子どもからご老人まで、とても楽しく過ごすことのできる公園です。

 

茨城県の自然を肌で感じられる憩いの公園として人気があります。

 

 

自家用車の場合は、「ひたち海浜公園IC」からすぐ着きますし、電車の場合は、最寄りの「勝田駅」から路線バスが出ています。だいたい15分から20分くらいの乗車です。

 

開園時間は季節によって変わりますが、だいたい午前9時30分から午後5時までです。

 

 

国営ひたち海浜公園』は、その名の通り国営なので、とてもリーズナブルに利用することが可能です。大人数で気兼ねなく利用できるのが嬉しいですね。

 

入園料金は大人(高校生以上)450円、シルバー(65歳以上)210円で、中学生以下は無料です。

 

都市緑化月間には、春と秋に入園料無料日が、敬老の日にはシルバ―の入園料金が無料なります。

 

「国営ひたち海浜公園」は本当に広い!おすすめの園内移動手段

 

国営ひたち海浜公園』は、本当に敷地が広いです。想像以上に広いと思います。

 

もちろん散策しながらの移動もできますが、シーサイドトレインを使って移動することをおすすめします。

 

1日周遊券を500円(3歳以上有料)で購入すれば、園内に10カ所あるシーサイドトレインの停留所で好きな時に乗り降りが可能です。

 

 

茨城の素晴らしい景色を見ながら自分の行きたいエリアに簡単に移動することができるので、シーサイドトレインの周遊券はマストアイテムかと思います。

 

また、自転車を使っての移動もおすすめです。自分で自転車を持ち込むことも可能ですし、レンタサイクル(別途料金)を使っての移動もいいですね。

 

「国営ひたち海浜公園」で見逃せないポイントは?おすすめは春と秋

 

 

国営ひたち海浜公園』でのお楽しみは、やはりきれいな景色です。

 

チューリップやバラ、ラベンダーやひまわりなど、四季を通してさまざまな植物を楽しむことができます。

 

しかしながら、やはりおすすめは、春と秋の「みはらしの丘」です。

 

春には青が印象的なネモフィラが一面に咲き乱れ、秋には真っ赤なコキアが幻想的な雰囲気を醸し出します。

 

 

最近ではテレビ等でもその美しい景色が取り上げられているので、たくさんの人が見物に来ているようです。

 

美しい景色の前での写真撮影は、とても貴重な思い出になることでしょう。

 

 

「国営ひたち海浜公園」でのもう1つのお楽しみ!遊園地で楽しもう!

 

国営ひたち海浜公園』には、遊園地もあります♪

 

プレジャーガーデンでは、全22種類のアトラクションがあります。大観覧車やジェットコースター、SEAゴーランドなど、楽しい乗り物を楽しむことができます。

 

乗りたい乗り物の回数券を買ってちょこっと楽しむのもよし、1日フリーパス券を買って思いっきり楽しむのもよし、楽しみ方はあなた次第です。

 

また、なんとオリンピックの正式種目になった、BMX(バイシクルモトクロス)の本格的なコースもあります。

 

難易度も様々なので初心者でも安心、専用自転車やプロテクターは無料貸し出しなので、誰でも気軽に挑戦できます。

家族みんなで満喫!『国営ひたち海浜公園』へ足を運んでみませんか?

 

国営ひたち海浜公園』は、とてもリーズナブルに遊べるのに、とても満足感が得られる公園です。

 

園内には授乳室も完備しているので、赤ちゃん連れでも安心して出かけることができます。

 

次のお休みに、お弁当を持って、「国営ひたち海浜公園」へピクニックに出かけませんか?

 

 

『国営ひたち海浜公園』では毎年こんな催し物も行われているようです

 

ご家族でどうぞ~♪というイベントではないようですが…(笑)

 

こんなイベントも執り行われているんですね~。すごい「熱気」が伝わってきそうです。