「海洋博公園」ってどんなところ?那覇空港からはどれくらい?

 

海洋博公園(国営沖縄記念公園)』は「太陽と花と海をテーマにした日本最大の亜熱帯公園」であり、昭和50年に開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して昭和51年8月に博覧会跡地に設置された国営公園です。

 

沖縄観光で人気の「沖縄美ら海水族館」やイルカショー、プラネタリウムにビーチなどなど、多数の施設があります♪

 

 

 

海洋博公園』は、『歴史・文化』のエリア、『』のエリア、そして『花・緑』のエリアの3つに分かれています。

 

それぞれのエリアを回れば、沖縄のあれこれに、楽しみながら触れることができます。初めての沖縄観光には特に外せない観光スポットです。

 

 

沖縄には電車が走っていないので、『海洋博公園』へ行くには、バスやタクシーの移動となります。那覇空港からは車でおよそ2時間かかります。

 

余談ですが、『海洋博公園』を始め、沖縄の観光スポットを巡るのには、想像以上に時間と交通費がかさみます。

 

効率よく沖縄を巡るには、ツアー会社が行っているオプショナルツアーを予約するのが得策かもしれません。

 

また、私的にはレンタカーが一番便利かと思うので、運転免許証がある方はぜひどうぞ。

 

「海洋博公園」で沖縄を学ぼう!!~『歴史・文化』のエリア編~

 

『歴史・文化』エリアには、「おきなわ郷土村」があります。琉球王国時代の村落の様子が再現されています。

 

琉球王国と言えば「首里城」が有名ですが、きらびやかな「首里城」とはちょっと違います。

 

どちらかと言うと、「首里城」は王朝を感じる場所で、一方「おきなわ郷土村」は、民家を巡りながら一般の方の生活を体感する場所となっています。

 

 

琉球の人たちの日常生活の工夫を、見て学ぶことができます。古き良き琉球の歴史と文化を学べば、沖縄にもっと興味が湧くことでしょう。

 

「海洋博公園」で海の仲間に癒されよう!!~『海』のエリア編~

 

『海』のエリアには、あの有名な「沖縄美ら海水族館」があります。「美ら」とは、沖縄の方言で、「美しい」と言うこと。沖縄の美しい海を再現した、素晴らしい水族館です。

 

沖縄美ら海水族館」の巨大水槽「黒潮の海」がとても有名ですが、映像で見るのと実際に見るのでは、その迫力が違います。

 

巨大なジンベイザメやナンヨウマンタが悠々自適に泳ぐ姿は、圧巻の一言です。

 

 

また、本当にビーチにいるような気分になる「サンゴの海」水槽もおすすめです。自然の光をたっぷり受け、とても美しい海が目の前に広がります。

 

美ら海水族館」は、『海洋博公園』の中で、ダントツに人気があるエリアです。

 

「海洋博公園」できれいな花を楽しもう!!~『花・緑』のエリア編~

 

広大な敷地に花や緑があふれているのが『花・緑』のエリアです。「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」は、歩いているだけでカラフルな南国の植物を堪能できます。

 

入場無料なので自由に出入りが可能です。他のエリアと比べると、人気のない感じが正直否めません。

 

しかし、ゆっくり観光する時間があるなら、ぜひ立ち寄ってほしいエリアです。

 

 

海洋博公園』は、子どもはもちろん、大人も大満足できる観光スポットです♪

 

沖縄観光の際には、ぜひ!足を運んでみてください。

 

 

所在地

沖縄県国頭郡本部町字石川424

 

営業時間

※3月~11月(9:30~18:00)

※12月~2月(9:30~17:30)

 

定休日

毎週木曜日/12月29日~1月3日