「古宇利島」ってどこにあるの?アクセス方法は?基本情報あれこれ

 

古宇利島」は、沖縄本島北部にある屋我地島の北にあります。

 

(※Google mapより)

 

コバルトブルーの海が本当に素晴らしく、沖縄の海の中でも有数の美しさだと称賛する声もあるほどです。

 

そんな「古宇利島」はとても小さく、外周は8kmほどしかありません。

 

本島とは、「古宇利大橋」でつながっていて、この「古宇利大橋」がまさに絶景。

 

全長2kmの橋が一直線に伸びているその風景も絶景ですが、橋を渡っている時に見える景色も絶景です。

 

(※橋の上は駐車禁止なので、他の車の迷惑にならないように楽しんでください)

 

 

 

「古宇利島」へはバスを使っていくことも可能ですが、おすすめは、レンタカーを借りて車で行くことです。

 

那覇市街地からだと1時間30分くらいで着くと思います。

 

那覇から考えると方向的には「美ら海水族館」と同じなので、水族館とセットで訪問するといいでしょう。

 

島の周囲を楽しくドライブするもよし!遠浅の海で海水浴をするもよし♪です。

「古宇利島」でロマンチックに過ごす!インスタ映えもばっちりです!

 

「古宇利島」にあるティーヌ浜には、ハートの形をした岩があります。通称「ハートロック」です。

 

「ハートロック」は、波の浸食によって、自然にできたものだそうです。恋人たちに特に人気があるスポットです。

 

駐車場で車を降り、駐車料金を払います。

 

駐車料金は1時間100円~300円と、駐車する場所によりまちまちなようですが、それでもかなり良心的な料金だと思います。

 

 

 

一応営業時間があり、午前9時30分から午後7時までです。

 

そこからでこぼこ道や草むらを通り、浜辺に向かいます。

 

ビーチサンダルでもいいかと思いますが、ちょっと足元が悪いところもあるので、ヒールの靴は避けたほうがよさそうです。

 

30分もあれば観光ができます。「ハートロック」の素敵な写真を思い出にどうぞ。

 

「古宇利島」観光の際に立ち寄って!食べて、選んで、楽しいお店

 

「古宇利島」を観光する際に、立ち寄ってほしいスポットがあります。

 

それは、「美らテラス」です。

 

「美らテラス」自体は「古宇利島」ではなく本島にありますが、美しい海と「古宇利大橋」を眺めながら観光ができるお店です。

 

 

お土産にできそうなオリジナル雑貨のお店や、美味しい食事を味わえるテナントが盛りだくさんです。

 

おすすめは、「もとぶ牛とあぐー豚のW旨味バーガー」が食べられる古宇利キッチン

 

かなりボリュームがあるので、お腹いっぱいになります。本当に美味なのでぜひご賞味ください。

 

また、レンタサイクルの貸し出しも行っているので、「古宇利島」までサイクリングするのもいいですね。

 

料金は1時間1,000円からです。

「古宇利島」で楽しいひとときを!きっと素敵な思い出になります!

 

ただそこにある風景を体全体で楽しむ、それが「古宇利島」の醍醐味です。

 

「古宇利島」でちょっと贅沢な時間を過ごしてみませんか?

 

 

住所

〒905-0406 沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利

 

 

アクセス

・那覇から沖縄自動車道、国道58導線を通り、屋我地島を経由し、古宇利大橋を渡る。

・那覇バスターミナルより高速バス(111番)で名護バスターミナルへ。名護バスターミナルより屋我地線(72番)で「運天原入口」停留所へ

「運天原入口」停留所より、約1kmタクシーでおよそ5分