ホントにホントにホントにホントにライオンだぁ~♪でお馴染みの…?

 

  • 富士サファリパーク

 

《住所》

〒410-1231 静岡県裾野市須山2255-27

 

 

 

 

1)富士山の麓に拡がるサファリパーク

 

1980年4月に開園され、野生動物を放し飼いにして(実際は冊あり)その中を自動車やバスで巡る動物園です。

 

同じようなサファリパークが群馬にもありますが、パークの規模や動物の数では『富士サファリパーク』の方が大きいです(日本最大級)。

 

間近に動物を観察することができるので、幼いお子さんも大興奮の大喜び間違いなし!自動車の中から見学だから安心です。

 

カップルも動物なら自然と笑顔になるので楽しいスポットです!

 

 

2)どのようにアクセスをするの?

 

🐵電車で

首都圏からは新宿から「ロマンスカー」が便利です。御殿場駅下車(約100分)路線バス35分で到着です。2時間少々で到着のサファリ旅です。

 

🐶車で

東名高速道路・裾野ICで降りると(約15分)到着です。または、山梨別ルートで行くと、中央高速道路から富士山の周辺の国道138号で南下する方法(約25分)もあります。

 

 

3)営業時間・料金体系等は?

 

 

《営業期間》

休園:年中無休

開園:3月16日~9月30日は9:00~17:00

開園:10月1日~10月31日は9:00~16:30

開園:11月1日~3月15日は10:00~15:30

 

 

《料金》

・大人:一人¥2,700

・子供:一人¥1,500

 

富士サファリパークの見どころチェック!動物だけじゃない楽しみも…

 

4)それでは動物のご紹介!

 

富士サファリパーク』は「サファリゾーン」と「ふれあいゾーン」の二つから構成されています。

 

 

サファリゾーン」はバス・車でドライブコースを走り、動物を間近で観察することができます。

 

バスはウィンドウガラスのない金網張り。熊やライオンに目の前で餌をあげられ、猛獣たちの大迫力を生で体験することもできます。

 

園内は肉食・草食動物ゾーンに分かれていて、ある程度動物ごとに区分けされています。サファリゾーン入口からいきなり強そうな肉食系が立ち並びます。

 

 

【ライオン】

 

 

 

百獣の王と言われる肉食獣ですが、思ったよりおとなしい動きでのんびりしています。

 

ちなみに「ネコ科」に属しているので、飼い猫も何となく似ていますね。

 

群れを作って生活しているので、ゾーンの中でまとまって寝ているときがあります。活動してちょうだい!とお願いしたくなります。

 

 

 

【アムールトラ(中国北部からロシアにかけて生息しています)】

 

寒い地域に生息しているトラなので立派な毛皮をまとっていて、顔つきも精悍ですね。

 

こちらも「ネコ科」に属していますがライオンとは性格が異なりそうです。

 

 

狩りをするのはトラも同じことですが、やや緑の多い地域に生息しているので、トラの縞模様は保護色となって、解りづらい効果があります。

 

密林で出会ったらドキリとしてしまいますね。

 

 

 

【アジアゾウ・アフリカゾウ】

 

パークにはアフリカとアジアのゾウが生息しています。アジアゾウの方が小型(とは言っても5t前後)で性格もおとなしいようです。

 

一方でアフリカゾウは史上最大の生物と言われ、10t前後の巨体です。

 

母親が群れの中心となって生活を送り、男のゾウは成長すると単独行動をとります。

 

 

 

【キリン】

 

背の高いキリンは成長すると4~5mにもなります。

 

高い樹木の葉っぱを食べるのが得意なのと、見晴らしが効くので肉食獣が近付くといち早く異変に気づきます。周囲の小動物も頼りにするわけですね。

 

大人にもなると、ライオンなどの肉食獣が、襲っても反撃されるので遠慮するようです。

 

しかし、子どもは襲われます。その際にキリンの親は必至で子どもを守ろうとします。

 

 

【シマウマ】

 

群れを作って生活する動物で、オス1頭にメス数頭で生活を送ります。

 

肉食獣に襲われるイメージがありますが、大きな耳や広い視野の目でいち早く異変を察知する動物です。

 

 

 

5)🍴パークでお食事するなら「アルペンローゼ」がおススメ!

 

赤石路代さんの少女コミック作品名ではありませんよ!(笑)

 

パスタ」や「サンドイッチ」といった、やや軽食が中心のメニューになります。

 

・蟹のトマトクリーム¥800/・ミートソース¥700/・カルボナーラ¥750/・アラビアータ¥750/・たらこパスタ~キノコのせ~¥700/・ジェノベーゼ¥800

・エビピラフ¥750/・ドライカレー¥750/・クロワッサンサンド¥450/・アルペンバスケット¥600/・ナチュラルポテト¥320/・唐揚げポテト¥380/

・ソーセージの盛り合わせ¥600/・キッズプレート¥600etc…なお、他にはショートケーキやティラミスといった「デザート類」もあったりします。

 

アルプスの古民家といった店内外で記念撮影はいかがでしょうか?

 

 

6)さまざまな見学方法。

 

富士サファリパーク』は自家用車でゾーンを見学します。その他に、さまざまなバスで動物を見学していく方法と、ウォーキングサファリ(期間限定)があります。

 

<ナイトサファリナイトウォーキングサファリなんかも有りますよ!>特別なコースを歩いて見学です。肉食・草食ゾーンのフェンスの外側を歩きます。

 

とはいえ、やはりフェンスの外側とはいえ”安心できないドキドキ感”がありスリル満点です。

 

めっちゃ可愛いライオンの赤ちゃんも『富士サファリパーク』で!

 

いかがでしたか?

 

都心から2時間でアフリカサバンナ体験『富士サファリパーク』をご紹介してきました。

 

随所で動物と富士山のベストショットが撮れるので楽しいですね。

 

展示方法も考えられていて、動物を下から見ることができるバスもあります。

 

今、ネット上ではライオンの赤ちゃんが話題になっていますね。

 

今度のお休みには、是非『富士サファリパーク』へライオンの赤ちゃんを観に行きましょう!