地元の人が協力して作り上げるアットホームな水族館ってどんな所?

 

高知県室戸市室戸岬というところに、10年以上前に廃校になった学校を再利用し、2018年4月に水族館としてオープンしました。

 

 

少ない予算の為、展示してあるお魚達は地元でとれたお魚や足が一本取れてしまって売り物にならなくなったタカアシガニなど、水族館では脇役の魚たちが主役の水族館です。

 

オープン前、そんな水族館には誰も来ないといわれていましたが、地元の方の学校愛で学校の雰囲気を生かした展示など様々な工夫をすることにより、広告費も少なくフェイスブックなどでの広告活動でオープン半年後では来場者10万人を突破したそうです。

人気の秘密は、どこにもない学校ならではの展示方法で子供も大人もワクワク

 

むろと廃校水族館』では、50種類1000匹以上の魚が飼育展示されています。

 

屋外の25mプールは大きさをそのまま利用し、シロシュモクザメやカワハギ、さらにウミガメが同じ空間で広々と泳いでいます。

 

プールサイドから見ることができるので近くで見ることができます。

 

 

学校内でも廊下に水槽をずらりと置いて展示したり、手洗い場を利用し、ナマコやヒトデを触る事ができるタッチプールがあったり、跳び箱を水槽にして金魚を展示していたりと面白い、学校ならではの展示方法が人気の秘密のようです。

 

図書館では本棚の上にくじらの骨格が展示してあったり、理科室では亀の甲羅を背負って写真が撮れます。

 

教室にも円形の水槽があり、国内ではここを含め7館でしか展示されてない貴重なクロウミガメを、見ることができます。

お財布と小さな子供を連れた家族に優しい何度も行きたくなる水族館

 

水族館は入場料が高く何度も行きづらいですよね。

 

しかし『むろと廃校水族館』は、子供300円 大人でも600円です。室戸市民は割引をしてくれるようです。

 

さらに、未就学児は無料ととてもお財布に優しい施設となっています。施設内にはベビールームがあり小さなお子様連れにはありがたいですね。

 

休憩スペースになっている教室では、学校机やイスが置かれていて、将棋などで遊ぶこともできます。さらに視力検査や身体測定などもすることもできます。

アットホームでノスタルジックな水族館をいろんな見方で楽しもう

 

学校を愛する地元の人たちの思いがいっぱい詰まった水族館です。

 

 

”学校”という空間を存分に生かすための演出がすごく、学校机やイスはもちろんありますが、屋外のプールに向かう出入口に、雨の日に使うことができる学校の黄色い傘が置いてあったり、先生が使っていた大きな定規が置いてあったり、子供が書いた習字が貼ってあったりという演出がたくさんあるので、色々探してみてください。

 

飼育員さんたちの工夫がたくさん詰まったアットホームな展示が面白いです。

 

くじらの骨格の収集方法の面白エピソードが黒板に書かれていたり、生き物たちの解説を子供達でもわかりやすいようにしたり、さらには飼育員らくらくシステムと書かれてある所に雑巾が置かれていて、水槽についた水滴を飼育員の代わりに拭いてください。

 

お願いしますと書かれていたりと様々な工夫があるので是非見つけてみて楽しんでください。

 

 

所在地

高知県室戸市室戸岬533-2(旧 椎名小学校)

 

営業時間・休館日

※4月~9月 9:00~18:00

※10月~3月 9:00~17:00

年中無休(荒天などの場合は臨時休館あり)

 

アクセス

※🚌…大阪から高速バス/なんば発「徳島バス室戸行」・6時間

※🚙…高知龍馬空港から車で1時間40分

※🚌…高知東部交通・安芸甲浦線「椎名学校前バス停」から徒歩1分

 

 

 

駐車場

※50台収容(料金は無料

 

 

ご利用料金

※入場料…大人600円・こども300円(小学生未満は無料)

なお、室戸市民は大人500円、小中学生は250円となっております。