「京セラドームのリアル恐竜ごっこ」って何?知ってる人に聞いてみた

 

今度の夏は何が起こる!?夏休み京セラドームが熱い!!

 

 

夏休み…。子供達にとっては楽しい休みもパパ、ママはながーい長期休暇です。

 

”何処かに連れていけコール”に毎日げんなり。連れていこうにも遠方は車移動となる渋滞が心配だし、大きなテーマパークははしゃぐ子供を捕まえるのに一苦労。

 

市内にあってサクッと行けて楽しめる場所があればと思いませんか?

 

実は毎年、夏休みの期間に期間限定で行われるイベントが京セラドームスカイホールにあるんです!!

 

こちらは既に終了しているものですが今年の7/28から8/26に『リアル恐竜ごっこ』が開催されました。

 

場所は9階スカイホールで今回紹介するもの以外にも2個、3個イベントが並行して開催していますのでチェックしてみてください。

 

 

まずはチケットの案内ですが、料金は700円。

※前売・当日共に同料金

※こども・おとな共に同料金

※未就学児保護者同伴。未就学児も1人につきチケット1枚必要

 

 

となっています。小さい子にも料金がかかるのは少し痛いところがありますが、料金自体がリーズナブルなのでまぁまぁ許容範囲内ですかね♪

 

開催時間は11:00から18:00までで最終入館は30分前までになっています。

 

宣伝はポスターメインのようで私自身も電車のつり革広告にてこちらのイベントを初めて知りました。でも中身や内容は一切不明!!

イベントの全容が明らかに…あれ?あの映画のパクリみたいな(笑)

 

「リアル恐竜(おに)ごっこ」と書いてあるため、恐竜に追いかけられるのかな?と推測は出来るのですが、詳細は全く判らず仕舞い…。

 

広告には”これはヤバすぎる!”の一点のみだし、口外禁止というルールが設けられているようです。

 

ですので、行ってみた人たちのクチコミも内容が分からずじまい…。

 

 

しかし、クチコミを見てくだされば満足するような感じの感想がいくつもアップされています!

 

特に家族連れにおススメとのことで、3歳から未就学児の子供を持つ家庭はギャン泣きしてしまうであろうレベルとのこと。

 

うーむ。怖いのが苦手な子供には、トラウマに陥りそうなほど衝撃的でないとも限りませんね…(-_-;)

 

一応ストーリー仕立てになっていて、絶滅したはずの恐竜を甦らせることに成功した遺伝子科学未来研究所が、莫大な研究予算確保を目的とし動物園のように一般に公開していたところ大盛況をおさめた。

 

 

しかし、ずさんな管理体制のもとで営業していたためティラノサウルスとスピノサウルスが檻を壊し見学コースに侵入してしまった!?

 

見学者たちは研究所より脱出するために、一箇所しかない出口に向かいまた出口を開けるためのカギを探さなくてはならない!!

 

迫り狂う恐竜を背に鍵を見つけ無事に脱出できるのか!?

 

 

といった感じですかね?うーむ。ホラーとは違いますが確かにハラハラドキドキな展開が待ち受けていることは間違いないかと思います!!

 

あれれ…これ、あの有名なスピルバーグ監督作品の引用(パクリ)じゃ~ないですよね!?(笑)

毎年夏の京セラドームでは、色んなイベントが行われているようです。

 

 

 

2018年は『リアル恐竜(おに)ごっこ』が執り行われた訳ですが、Twitterのツイートを見る限りどの方も概ね”楽しかった”という感想が多かったです。

 

これだけの数の感想が”楽しかった”というのですから、やはり楽しいイベントだった事は間違いないことのようです。

 

毎年何かしら夏休みには開催されるイベント。

 

大阪に来た際、テーマパーク以外にもマイナーなイベントがあちこちで開催されています。是非チェックして有意義な旅行を楽しんでください♪