「モネの庭」の名称が贈られた世界で唯一の庭は生きた美術館

 

高知県安芸郡北川村が活性化のために考えた町おこしで、フランスに行き何度も熱意を伝えて、許可を得た日本で唯一「モネの庭」の名称使用を許された庭だそうです。

 

水連はジヴェルニーから株分けしてもらい、本家をできる限り再現した庭になっています。

 

 

 

 

本物ではありませんが、その場で描いたかのように作品が展示してあり、モネが見ていた世界をみることができます。

 

大人700円、子供300円、小学生未満は無料で安いのがとてもうれしいですね。

 

北川村の「モネの庭」の入場券の半券で、本家の「モネの庭」に入ることができるそうです。

季節で違う景色が楽しめるので、好きな時期を見つけてみよう

 

公式サイトに花カレンダーがあり、いつ頃になんの花が咲くかがわかるので、どの時期に行くか計画が立てやすいです。

 

「水連は午後には花が閉じるので午前中がおススメです。」

 

 

 

 

「雨が降り園内のバラがほぼ終了しました。」など見ごろの花についての情報が載っているので、ホームページを見て行くと、好きな花が確実に楽しめておススメです。

美しい風景を見ながら美味しい料理を楽しめる贅沢洋風カフェを味わおう

 

四万十ポークや四万十鶏、土佐あかうし、室戸沖白身魚など高知県の食材を使った洋風の料理で、アルコールではゆずワインなどもあり、高知の美味しい食材が花々を観ながら楽しめます。

 

小さなワイナリーもあり、気に入れば購入も可能です。

 

 

 

 

手作りパン工房では、ココアンシャポーという、ココア生地の帽子パンの中に粒あんが入った珍しい帽子パンを販売しています。

 

北川村は元々柚子をつかった町おこしをしていたので、柚子を使った商品がたくさんあります。柚子好きにはたまりません。

 

ゆずかけソフトクリームは、モネの庭限定で、すっぱい柚子の果汁をかけた夏におススメのソフトクリームです。

子供連れのファミリーでも楽しめるのが嬉しい

 

 

 

風景を見て回るのはとても心が癒されてよいのですが、子供が一緒だと「飽きた」「疲れた」「帰りたい」と言われるとゆっくりみることができないですね。

 

「モネの庭」には公園があり、押し花体験教室や、ガーデニング、陶芸など子供が楽しめるイベントなどもあるので、子供連れでも長い時間楽しむことができるのがとてもありがたいです。

 

大人が嬉しいビアガーデンやフォトコンテストなど様々なイベントもあります。

 

花の苗や観葉植物なども購入できてギフトやお土産にできるのも素敵ですね。

 

『モネの庭』アクセス・営業時間・料金などの情報~まとめ~

 

《所在地》

〒781-6441 高知県安芸郡北川村野友甲1100番地

 

《開園時間》

9:00~17:00

※休園日:火曜日/祝日は営業 (4月~6月は無休、冬期メンテナンス期間)

 

《入園料》

・大人(高校生以上)¥700-

・小人(小・中学生)¥300-

・小学生未満 無料

・団体割引(10名以上)10%

・その他(年間入園パスポート有/お支払い日から1年間¥2,000-)

 

《交通アクセス》

高知市中心部から国道55号線を安芸・室戸方面へおよそ55km、1時間20分ほどで奈半利町へ。

奈半利町から国道493号線を北へ3km(高知信用金庫を左折)、5分ほどで到着します。

 

・JR高知駅より約1時間半

・高知自動車道・南国ICより約1時間10分

・高知空港より約1時間

・JR甲浦駅(東洋町)より約1時間20分

・土佐くろしお鉄道「奈半利駅」より車でおよそ10分

 

《駐車場》

園内無料駐車場:収容台数およそ100台(大型バス6台、障害者用駐車場5台分を設置)