2014年から毎年夏になると行われている六本木のイベント!

 

毎年夏になると、テレビのニュースなどでも紹介されるテレビ朝日&六本木ヒルズでのイベント「SUMMER STATION 2019」に親子で足を運びました。

 

 

我が家も複数回足を運んでいますが、スタートしたのは2014年からです。

 

テレビ朝日&六本木ヒルズの広範囲がイベント会場となっていますが、どこに行ってもたくさんの人がきていました。

 

大人同士で足を運んでいる方々も目立ちますが、我が家同様、子ども連れで来ているケースも意外と多いです。

 

きっとたくさんの人たちにとって、夏の恒例行事になりつつあるのでしょうね!

夏祭りの玄関口「66プラザ」にはたくさんのドラえもんが!

 

我が家は日比谷線の六本木駅から会場に向かいましたが、今回の夏祭りイベントの玄関口ともいえる「66プラザ」には今年もたくさんのドラえもんがいました。

 

2020年3月公開の映画『ドラえもん のび太の新恐竜』と連動していて、今年のドラえもんは頭に卵をのせていました。

 

 

ドラえもんの秘密の道具をそれぞれのドラえもんが持っている為、子どもたちはそれをみながら、一通りみてまわっていました。

 

お子さんたちの多くが、この「66プラザ」で長いこと楽しむことができたことでしょう。

人気のアトラクションも用意されている「テレビ朝日本社」!

 

テレビ朝日本社の7Fの屋上テラスには、なんと高さ10メートルの「ドラえもん」の巨大バルーンがあります!

 

そして、「テレビ朝日本社」内では様々なアトラクションが用意されています。

 

 

テレビ朝日で放映されている番組にちなんだものが多く、親子で楽しめます。

 

ちなみに、1DAYパスポート「サマパス」がないと入場できないエリアや、体験できないアトラクションも多いですのでご注意ください。

 

お土産売り場などには「サマパス」がなくても入場できます。

毛利庭園をはじめ、様々なエリアにたくさんの飲食関連ブースなどが!

 

かき氷などの涼しくなる軽食などの販売コーナーが用意されていたり、「はごろもフーズ」がガチャガチャを用意していたり、飲食に限らず、日産などが車の展示をしていたりと、ブースのジャンルも様々で見て回るだけでも楽しめます!

 

 

夏祭りのスタート時間は10時からですが、11時スタートのブースも多い為、到着時間を調整されるとなお楽しめるかもしれませんね。

六本木の夏のお祭り「SUMMER STATION 2019」!

 

5年目の開催となった夏祭り「SUMMER STATION 2019」!

 

テレビ朝日と六本木ヒルズ中心に、広範囲で行われているイベントです。

 

 

今回は我が家がまわったところを中心にご紹介させていただきましたが、他にも六本木ヒルズアリーナでは音楽LIVEや、国民的アニメソングカバーコンテストなど、珍しいイベントも行われます。

 

子連れでも十分に楽しめますし、大人同士でもまた違った楽しみ方があります。

 

自分好みのイベントやコーナーも用意されている可能性がありますのでHPを確認の上、ぜひ足を運んでみてくださいね!

https://www.roppongihills.com/events/2019/07/005281.html

 

 

【六本木ヒルズ】

《住所》

〒106-6108  東京都港区六本木6-10-1

※会場は、テレビ朝日本社、六本木ヒルズアリーナ、毛利庭園、大屋根プラザ、66プラザなどです。

 

 

《アクセス方法》

日比谷線六本木駅 1C出口徒歩0分

大江戸線六本木駅 3出口徒歩4分

 

 

《開催期間・開催時間》

7月13日(土)~8月25日(日)まで開催

10:00~19:00

※各エリア・そして演目によって日程・時間は異なります。

 

 

《入館料》

■サマパス(電子チケット)

大人(中学生以上)2,000円

小人(4歳~小学生)1,000円

■サマパス当日券(券売機)

大人(中学生以上)2,500円

小人(4歳~小学生)1,500円

 

※サマパス(電子チケット)は発券1枚ごとに発券手数料として216円必要となります。

※表記の金額は、全て消費税込みの金額となります。

 

 

《駐車場》

・あり