JR軽井沢駅前にある「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」とは…

 

もともと軽井沢は、首都圏はもちろん全国の富裕層の別荘地として発展してきました。

 

各界の著名人や政治家、小説家や芸術家も避暑地として利用されていたので、夏の間首都圏のお店には避暑されているお客様がお店にいらしゃらないという事で、お店の方から避暑地の軽井沢の方へとお店を出されていた時期がありましていつものご愛顧に答える形で少々お値打ちのものや訳ありのものまでを軽井沢のお店で出されていたと聞いています。

 

今でいうアウトレットの様なものが、一つの街である軽井沢ではできていた様です。

 

 

今は姿を変えてはいますが、「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」が1995年にアウトレットのモールとして引き継がれた様なイメージと感じています。

 

かつてはゴルフ場の軽井沢72ゴルフがあった場所の一角に長野オリンピックに併せて誕生した北陸新幹線「軽井沢駅」とともに設けられました。

 

ゴルフ場のグリーンをそのまま活かして作られた「軽プリSP」

 

もともとゴルフ場のグリーンだったところにできた事もあり、グリーンをそのまま残した広大な「芝生の広場」や「」があり、地形を活かして囲むようにEastNew EastNew East Garden Mall味の街WestNew Westの”6つの店舗群”が配置されていて、ショッピングセンターらしからぬ優美で美しいランドスケープを併せ持った施設となっています。

 

 

 

ショッピングを楽しみながら、実は公園をハイキングをしている様にグリーンを楽しみながら、お子様にもペットにも自然を楽しめる、軽井沢ならではの施設と言えます。

「軽井沢プリンスショッピングプラザ」の店舗群

 

East・New East・New East Garden Mall・味の街・West・New Westの6つに、新たにセンターモールを加えた「7つエリア」から構成され、店舗数は全部で231店舗!
(アウトレット店舗:147店、飲食店舗:32店、その他2店)

 

店の入れ替わりは頻繁に行われており、入稿時点と公開観覧の時点で変更もあるかもしれませんので、詳しくは以下の公式サイトにてご確認をお願いします。

https://www.slow-style.com/prince/

 

 

軽井沢のすっきりとした空気と、風の中をまるでハイキングの様にショッピングを楽しめるアウトレットモールです♪

 

首都圏からも90分以内でいける由緒正しい避暑地でも、お買い物を是非楽しんで見てくださいね!

 

 

《住所》

〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢字中谷地1178

 

 

《アクセス》

・JR北陸新幹線・しなの鉄道線「軽井沢駅」南口すぐ

・上信越自動車道碓氷軽井沢ICより約10分

 

 

《営業期間》

・10:00~19:00(※季節によって変更あり)

・休業日「East」が第2・4火曜日、「Westエリア」が第1・3火曜日

 

 

《駐車場》

・イーストエリア:2,251台/ウエストエリア:1,216台

※有料/2時間まで300円、以後1時間ごとに100円。2,000円以上のお買い物で2時間無料