緑豊かな「目黒区立駒場公園」の中にある「旧前田家本邸」!

 

歴史が好きな方には特にオススメしたいスポット「旧前田家本邸」。

 

 

加賀百万石で知られる、あの「前田家」の邸宅です。京王井の頭線の「駒場東大前駅」から歩いていくことができます。

 

千代田線・小田急線の「代々木上原駅」から歩くというのも、もう一つのルートにはなります。

 

閑静な住宅街を歩いていくと、緑豊な「目黒区立駒場公園」があらわれ、その中に旧前田家本邸があります。

 

ちなみに近くには東京大学の駒場キャンパスがあります。教養学部に通う学生さんが利用しているキャンパスです。

「旧前田家本邸」の「洋館」、そして「和館」ともに無料で見学

 

旧前田家本邸は「洋館」と「和館」が別々の建物になっています。

 

 

いずれも無料で入ることができる貴重なスポットです。

 

都心から離れた場所にある為、人も少ないだろうと思って足を運んだのですが、思っていたよりもたくさんの人たちがきていて驚きました。

 

完全に観光目的である外国人の方々の姿もありました。

 

赤いカーペットに立派な階段、ステンドグラスなど、見事なつくりの洋館でした。

 

日常的な使われていたことがうかがえる様々なお部屋をみて回ることができました。

 

 

和館の方も日本らしい建物で、落ち着いた気分になれました。

 

なおガイドツアーの際には和館内の茶室もみることができるようです。

人気のカフェ「日本近代文学館」の中にある「ブンダン」へ!

 

同じ駒場公園内にある「日本近代文学館」にも立ち寄りました。

 

近代文学に関する資料があるスポットです。文学好きな方にはぜひおすすめしたいスポットです。

 

 

今回私が訪れた目的は「ブンダン」というカフェが、この日本近代文学館の中にあるためです。

 

日本の近代文学を代表する方々にまつわる食事や飲み物が提供されていて、かつたくさんの本が置かれたブックカフェということで人気です。

 

 

私自身は「谷崎潤一郎の炭酸水」とスコーンのセットを注文しました。

 

他には「寺田寅彦の牛乳コーヒー」「ベーリング行列者の紅茶」などがありました。

 

お土産として「芥川」「寺田」「鴎外」などの名前がついた珈琲豆の販売もされています。

 

なかなか珍しいカフェでゆったりと過ごせて、リフレッシュできました。

おすすめスポット「旧前田家本邸」と日本近代文学館の「ブンダン」

 

目黒区立駒場公園内にある「旧前田家本邸」。

 

都心からはなれているものの、人気のスポットといえます。洋館・和館ともに見ごたえがありました。

 

 

また「日本近代文学館」の中にあるカフェ「ブンダン」は、とてもかわったおもしろいメニューがあり、かつたくさんの本もあるお店です。

 

なかなか珍しいスポットですので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

 

 

 

《所在地》

・目黒区駒場四丁目3番55号

 

《アクセス方法》

・京王井の頭線「駒場東大前」駅    徒歩12分

 

《営業時間》

・午前9時から午後4時30分

 

《入館料》

・無料

 

《駐車場の有無》

・なし