屋内・冒険の島 ドコドコ」はどこにあるの?どうやって入るの?

 

屋内・冒険の島 ドコドコ』は東京都立川市にある室内遊園地です。

 

最寄駅はJR立川から徒歩3分でデパートの立川高島屋S.C.の8階にある室内遊び場です。

 

大きなデパートの中に入っているのでアクセスがよく、迷うことなく現地に着きます。

 

 

営業時間は10時から19時で18時が最終入場となっています。

 

定休日は不定休で、こちらは立川高島屋のお休みと合わせています。

 

料金は大人が最初の60分で650円で延長料金なしです。

 

 

 

 

一方、子供は6ヶ月〜23ヶ月(2歳未満)までが最初の60分が850円、以降の延長料金が30分ごとに420円かかります。

 

2歳以上になると最初の60分が1300円、以降の延長料金が30分ごとに650円かかります。

 

平日のみ1日フリーパスがあり、大人は650円、年齢関係なく子供が1800円となっているので、90分以上利用する場合、お得になっています。

 

 

親子で入ると1時間の利用でも2歳未満で1500円、2歳以上になると2000円の入場料がかかるので、子供向けの遊び場としては高価格設定です。

 

ただし、ドコドコはここでしかできない遊びが多く、お子さんが喜んで遊ぶことができる最先端の「仕掛け」がたくさんあり、また見守りのスタッフも豊富に配置されているため、いつ行っても混んでいて人気のスポットになっています。

屋内・冒険の島 ドコドコ」にはどんな遊びがあるの?

 

屋内・冒険の島 ドコドコ』は大きく5つのエリアに分かれています。

 

 

砂遊びができる「海岸エリア」。

 

大きな滑り台、ボールプールと大きなプロジェクションマッピングによる動物で大迫力の「ジャングルエリア」。

 

小学生向けにアスレチックができる木製のデッキがあり、こちらもプロジェクションマッピングを使ってお料理ができるおままごとスペースがある「草原エリア」。

 

ふわふわのトランポリンやロープでできたブランコが楽しめる「雲の上エリア」。

 

そして自動販売機やテーブルがあり、小休憩のできる「テラスエリア」です。

 

 

 

 

屋内・冒険の島 ドコドコ』の凄いところはプロジェクションマッピングによる映像遊びやAIのキャラクターと会話を楽しむなどの「最先端の知育遊び」と、子供たちが思い切り体を動かして遊べる「運動遊び」の両方がバランスよく共存しているところです。

 

子供はもちろん、付き添いの大人が見ても「これ、どうなっているの!?」とワクワクできること間違いなしです。

屋内・冒険の島 ドコドコ」で赤ちゃんと遊ぼう!

 

屋内・冒険の島 ドコドコ』では入場料が6ヶ月の赤ちゃんから発生しますが、その分その月齢のお子さんでも楽しめる遊びがたくさんあります。

 

海岸エリアの砂遊びでは手や足に付着しにくい特別な砂で砂を触り、また、足をつく感覚を楽しめます。

 

おもちゃもブリオの電車おもちゃや木製のおままごとから、口に物を入れたい時期の赤ちゃんに優しいぬいぐるブース、ハイハイの赤ちゃんでも安心して楽しめる傾斜の緩い滑り台もあります。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 2019.2.25 毎月の楽しみえりりん親子と🤗💕 . #立川高島屋 にある#ドコドコ 🙌 新しいみたいで綺麗だったし、デジタルな遊び場は初めてで子供達も楽しそうだった😘 二人ともお料理したり、走り回ったり、お菓子食べ放題で大満足だったと思う笑 . . . . . #立川#高島屋#屋内冒険の島ドコドコ #冒険の島ドコドコ #baby#赤ちゃん#babygirl#新米ママ#女の子ママ#20代ママ#ジャパンダワールドクイズ#1y8m#20month#1yearsold#島うらら#cute#ig_kids#kids#instagood#happy#family#子供とお出かけ部_フォトコン #ハグマグオリンパス2019#カンタンママパパカメラ#ハヤリタビ#らすおも#トレンドメーカーになりたいの

❅ みゆゆん ❅(@miyumiyun22)がシェアした投稿 –

 

 

一つ注意点があるとすれば、室内はジャングルにいるような「水」や「風」、「雷」など自然のBGMが大きな音量で流れています。

 

大きな音に不安を感じるお子さんは最初は泣いてしまうかもしれません。

小学生以上の子どもとは「屋内・冒険の島 ドコドコ」でこんな遊びを!

 

体が自分で上手に動かせるようになったお子さんは、ぜひ、大きな遊具でまずは思い切り遊びましょう。

 

入ってすぐの目立つ場所にある「ジャングルエリア」の滑り台はかなりの傾斜で、滝に見立てられたプロジェクションマッピングの水の流れの映像と共にボールプールに飛び込むのが楽しそうです。

 

 

 

 

また、草原エリアにあるアスレチックも難易度は低くなく、上手にできると達成感ある顔が見られますよ。

 

AIやプロジェクションマッピングを駆使した「最先端」の遊びも魅力的。

 

話しかけるとこちらの話した内容によって話題を変えるAIキャラクターたちや、プロジェクションマッピングで行う映像おままごとなど、未来の遊びを体験できるブースも小学生たちは興味いっぱいでしょう。

どの年齢でも、どんな遊びが好きでも大丈夫!「屋内・冒険の島 ドコドコ」には子供が喜ぶ遊びがいっぱい!

 

入場料は高価格なので一見入りにくい『屋内・冒険の島 ドコドコ』。

 

でも、一度入ると、子供も大人も大満足の最先端の遊び場が待っています。

 

兄弟を連れて行ってもそれぞれ好きな遊びが見つけられるし、雨の日に体力を持て余しているお子さんも、大人しめで手作業が好きなお子さんもそれぞれ思い切り遊ぶことができますよ!

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

今日は#幼稚園 がお休みだったので#立川 の#三越 の中にある#ドコドコ へ行ってきました🚘 ドコドコは2回目✌️ 平日はフリーパスが1800円で購入できます♪ (休日は残念なことにフリーパスない…) そしてさすが平日!ガラガラ〜ン(*゚∀゚*) 貸し切りヤッフォォオオーイ!!!って感じで子ども達ははしゃぎまくりでした🤩❣️ 【嬉しいところ】 ⚪︎途中退室可能 ⚪︎飲食持ち込みok ⚪︎有料コーナーがない ⚪︎自動販売機あり ⚪︎イートインコーナーあり ⚪︎程よい広さで子どもを見失うことがない ⚪︎出来たばかりでとても綺麗 ⚪︎スタッフさんが遊んでくれる 私は平日にしか行ったことがありませんが、口コミを見る限り休日は混み混みの様子。 店内はまあまあ広いけど、所詮はデパートの一角…行くのであれば平日をオススメします🗣 最新のデジタルなんちゃらが凄くて…!! そして店内綺麗で…!! 何より親として嬉しいのは若くて優しいスタッフさんがたくさんいて遊んでくれるのです…!! 親としてもね、子ども達に楽しんでもらいたい!と思うからね、こういう#レジャー施設 に連れてくるんだけどね、連れてくるだけで疲れちゃう現実ね🤢ww そしてずぅぅぅぅうと子どもと同じテンションで遊び続けることって大人にとってはまあまあ難しいこと(私だけ?) だから、スタッフさんが子ども達と遊んでくれるって本当!本当!本当に!!ありがたい…✨! 休日フリーパス大人も子どもも一律1800円…家族3人で5400円💸#シンママ にとっては大きな出費ですがシッター代も含まれてると思えば安い😍💕 ちなみにドコドコの中にはフードコートがないのでご飯持ち込むor食べに一旦出るかです🍙 (飲み物・お菓子・アイスの自動販売機あり) 我が家は少しでも出費を減らすべくお弁当作って持って行ってます🤣 載せてた写真以外にも、もーっと遊べるところがあります(*´∀`*) #7時間も滞在していました #これが平日だと7時間滞在で1人9100円 #wwwwwwww #フリーパス神 #平日に行くことを激しくオススメ #スタッフさんが遊んでくれるのが嬉しいみたいで我が子達はここがお気に入り #やっと連れてこれた #また平日休みの時に来よう #屋内冒険の島ドコドコ #冒険の島ドコドコ #お出掛け #シングルマザー #ひとり親 #シンママのお出掛けスポット #ワンオペ育児 #年子ママ #年子育児 #お出掛けスポット #遊び場

🍙ママにだって人権はある🍙(@__mama.mama)がシェアした投稿 –

 

 

《住所》

・〒190-8507 東京都立川市曙町2-39-3 立川高島屋S.C. 8F

 

 

《アクセス》

JR立川駅徒歩3分

 

 

《営業期間》

・営業時間 10:00~19:00(最終入場18:00)

 

 

《料金》

・入園料

大人(20歳以上) 最初の60650円で延長料金なし。

幼児(6ヶ月〜23ヶ月)最初の60分が850円、以降の延長料金が30分ごとに420

こども(2歳以上12歳)最初の60分が1300円、以降の延長料金が30分ごとに650

1日フリーパス(平日のみ)大人650円、年齢関係なく子供1800

 

 

《駐車場》

・立川高島屋にあり

 

 

《オフィシャル》

https://bandainamco-am.co.jp/others/docodoco/