一風変わった民俗行事を見に行きたいときは、山形県上山市の「奇習 加勢鳥」を見に行ってみよう!

 

奇習(きしゅう)加勢鳥(かせどり)』はその名の通り”奇習”です。かなりシュール…自ら”奇習”と言っています。

 

奇習”とは、「珍しい風習」とか「奇妙な習慣」といった意味、”加勢鳥”は山形県上山市で毎年2月11日に開催される旧暦小正月の祭事のことです。

 

 

江戸時代から伝わる民俗行事で,山形の冬の風物詩の一つといえるでしょう。

「奇習 加勢鳥」はどんな民俗行事?加勢鳥の実態はいかに?

 

奇習 加勢鳥』は山形の寒い空の下、加勢鳥に紛した人たちが、お囃子に合わせて踊りながら市内を歩きまわります。加勢鳥はその名の通り鳥です。

 

見物している人たちは加勢鳥に水をかけ、加勢鳥たちは寒いので体をブルブルさせます。

 

 

その際に水しぶきが辺りに飛び散りますが、これは祝い水といって、このしぶきにはご利益があると言われています。

 

見物している人たちも寒いですが、濡れた方がいいです。加勢鳥の中の人(!?)は”山形の人”とは限らないようで、加勢鳥になるためにはるばる東京からやってきたり、このためだけに(?)海外から訪れたりする人もいるようです。

 

中の人は男性が多いですが、女性の加勢鳥もいます。みな寒い空の下、裸足に草履をはき藁でできた鳥になって数時間上山市内を歩きまわります。

「奇習 加勢鳥」は何を願う民俗行事?商売繁盛、火の用心etc.!

 

加勢鳥、加勢鳥、お祝いだ、商売繁盛・・・!と言いながら「加勢鳥」は踊り歩きます。

 

水を使って火事への注意を促しながら、商売繁盛、五穀豊穣などを祈念する民俗行事です。「加勢鳥」の決起集会(出発式ともいう)は”上山城”で行われます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

絶景をひとり占め!! 【上山市】 羽州の名城と謳われた「上山城」。昨年、開館30周年を迎えました。 眩いばかりの白壁の天守閣に登ると、温泉街の風情を残す街並みや、雄大な蔵王連峰の山々を一望することができます。 すぐそばには、寒いこの季節には超うれしい「足湯」があります! 天守閣からの壮大なパノラマを楽しむとともに、あったかぁい足湯につかりながら、雪化粧をまとった天守閣の美しさを、お楽しみください! また、11日(日)には、江戸時代初期から伝わる、奇祭『加勢鳥』が正門前広場にて繰り広げられます。お見逃しなく!! #山形県 #山形 #yamagata #上山市 #kaminoyama #上山城 #城 #天守閣 #雪化粧 #加勢鳥 #カセドリ #土曜日の小旅行

山形県(@pref_yamagata)がシェアした投稿 –

 

そこには多くの人が詰めかけ、新聞社やテレビ局などマスコミ各社も取材に訪れます。

「奇習 加勢鳥」は大人だけでなく、子どもも楽しめる民俗行事です。

 

山形では毎年ローカルニュースで『奇習 加勢鳥』のニュースが放送されています。

 

初めて見た時はそのシュールさに驚きましたが、一度直に見に行ってみるとなかなかツボにはまります。

 

子どもたちも初めて見た年には、少し固まっていましたが(加勢鳥が何者かわからないので)、かなり印象に残ったようで、しばらくの間”真似”をしていました。

 

山形の子どもならではだと思います。水をかけると当然ですが寒すぎるので、鳥は反応してブルブルとします。

 

※百聞は一見に如かず…と言います。どうぞ動画でご覧ください!

 

 

観光客として見るのも楽しいですが、勇気のある人は一度「加勢鳥」になってみるのも面白いかもしれません。

 

忘れられない思い出になるのではないかと思います。加勢鳥になった後、名物の「かみのやま温泉」につかると暖かくてとても幸せな気持ちになりそうです。

 

一風変わった民俗行事を見たい場合には、2月11日に山形県上山市をぜひ訪れてみてください。

住所、アクセス方法、営業時間、利用料金、駐車場の有無は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

初めて見に行ってきた 中には海外の方も✨ #20200211 #加勢鳥 #上山

chikako(@chii_520)がシェアした投稿 –

 

≪住所≫

山形県上山市のかみのやま温泉駅近郊

 

 

≪アクセス方法≫

・JR山形新幹線「かみのやま温泉駅」から徒歩圏内(およそ10分程度)

 

 

≪時間≫

年によると思われますが,11時頃に上山城を出発し,午後2時3時ころに終わります。

 

 

≪利用料金≫

特にかかりません。

 

 

≪駐車場≫

かみのやま温泉駅近郊にコインパーキングが複数あり。

※長時間停めても駐車料金はそれほど高くなりません。

 

 

≪オフィシャル≫

http://kaminoyama-spa.com/