現在進行形の「青田健康ランド(旧 臥龍温泉)」とはどんな場所?

 

青田健康ランド』は,つい最近まで臥龍温泉という名の日帰り温泉でした。

 

 

 

 

古くからある日帰り温泉で、となりには保養施設やアパートなどの建物がありました。

 

なかなか年季の入った建物でしたが、ここ最近”工事”が行われています。

 

 

 

 

というのは、山形や宮城で有名な地元のスーパー、ヤマザワの元会長が『青田健康ランド』という名前でリニューアルオープンさせたからです。

 

そのため現在は,『青田健康ランド(旧 臥龍温泉)』という名前に変わっています。

 

駐車場は広く、すぐそばには焼肉屋があり、全体として一日楽しめる健康ランドを作ろうとしているのではないかと考えられます。

日頃の疲れを取りたいとき、気軽に入れる「青田健康ランド(臥龍温泉)」がおすすめ♪

 

青田健康ランド』は”温度が高い温泉”で、そのせいか特に年配の方に人気のある温泉です。

 

筆者は30代ですが、これまでに20代の人を見たことはあまりありません(笑)。子どもが来ているところも見たことがありません。時間帯にもよるのかもしれませんが…

 

 

 

 

我が家は先日、子供を連れて一緒に行きましたが、かなり熱かったようです。

 

露天風呂もなく、湯気がもくもくと出ているホットな温泉ですので、短時間でパパッと入るのに適しています♨

「青田健康ランド(臥龍温泉)」の中はどんな感じなのでしょう?

 

温泉のある建物は古いですが、古くからある建物ならではの趣があり、なかなか良い雰囲気が出ています。

 

 

 

 

建物の中は掃除が行き届いていてとても清潔ですし、コインロッカーもあります。

 

脱衣所はロッカーもカゴも十分にあり、たとえ混雑していても十分なスペースがあります。

 

 

洗い場はそれほど数は多くありませんが、常時人が出たり入ったりといった温泉なので、さほど困ることはありません。これまでに洗い場の順番待ちをしたことはありません。

 

椅子と洗面器は自分で持ってくるタイプの温泉です。使ったら元に戻すようにしましょう。

 

 

 

 

温泉はとても熱く、とろ~りとしたお湯です。シャワーから出てくるのも温泉だと思われます。大変とろ~りとしています。

 

冬の乾燥肌にも効果が期待できそうですね。湯船は大きめのものが一つあり、温度が高いからか湯気が白く立ち込めています。

 

寒い冬には特にオススメかと思います。お風呂上がりにはドライヤーが無料で使え、水も給水器から自由に飲むことができ、湯上がりにさっぱりとします。

 

 

待合スペースにはテレビが置いてあり、雑誌が少し置いてあったりして昔ながらのレトロな雰囲気の温泉です。

住所・アクセス方法・営業時間・利用料金・駐車場の有無など…

 

 

 

住所

・山形県山形市青田5−15−6

 

 

アクセス方法

・JR山形駅から山形交通バス(山交バス)表蔵王口経由上山行きで10分、青田で下車して徒歩5分。

あるいは山形自動車道山形蔵王ICから国道13号を上山方面へ5kmです。

 

 

営業時間

・6:00~21:00

 

 

利用料金

・入浴料が350円

 

 

駐車場

・無料(50台分)