山形県山形市の蔵王ロープウェイは大人も子どもも楽しめます!

 

蔵王ロープウェイ』は、山形県山形市にあるロープウェイ。見晴らしの良い山形の景色をロープウェイの中から眺めることができます。

 

 

 

 

強風の時を除き、基本的には春夏秋冬いつでも楽しめます。年齢制限はなく、小さなお子さんも楽しめるのではないでしょうか。

 

特に男の子はロープウェイのロープの部分や歯車を見るととても喜びます。

 

また、いろんな色のロープウェイがありますので、ピンクが来た!黒色が来た!と楽しむことができます。

蔵王ロープウェイはどの季節に乗るのがおすすめ?春夏秋冬いつでも楽しめます!

 

蔵王は山の名前のようですが、実のところ”蔵王山”という山はなく、あるのは蔵王連峰です。

 

蔵王ロープウェイ』は蔵王連峰の景色を眺めることができるロープウェイです。

 

 

 

 

は青い空と白い雪が少し残る山並みを、そして山形市街を眺めることができます。

 

は青々とした緑の山を楽しめます。行きはロープウェイで登り、帰りは徒歩で降りてくるのも楽しいかもしれません。

 

ただし徒歩での下山は、小さなお子さん連れにはあまりお勧めできません。

 

 

 

紅葉がきれいです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

【山形県 蔵王ロープウェイ⑥】 2018年の10/21,22に行った松島・蔵王旅行! 2日目は蔵王へ! 蔵王の御釜と紅葉を見に行きました! 天気もすごくよくて、いい景色でした! 松島で海を堪能したから、2日目は山を堪能! 樹氷でも有名ですが、紅葉も見どころの蔵王ロープウェイ! ロープウェイからの紅葉もいいですなぁー! 別アカウントの「@naokiphotorecords」もよろしくお願いします! 一眼レフを買ってから撮った頃の過去写真を投稿してます! 50/366 #japan#山形県#蔵王#蔵王ロープウェイ#紅葉#旅行#一眼レフのある生活#一眼レフ初心者🔰#写真好きな人と繋がりたい#写真撮ってる人と繋がりたい#カメラ好きな人と繋がりたい#ファインダー越しの私の世界#mytravelgram#funtotrip #lovers_nippon #retrip_nippon#retrip_news#japan_of_insta#lovers_japan#japan_photo_share#art_of_japan#photo_jpn#team_jp#jp_gallery#instatravel#ダレカニミセタイケシキ#ダレカニミセタイフウケイ#viewtabi#インスタ旅行記

Naoki Sawahata(@sawap1031)がシェアした投稿 –

 

ロープウェイで登って行く際に立ち並ぶ”針葉樹林”を見ることができて、とてもキレイですよ。

 

は雪が本当にたくさん積もっていて、2月の厳寒期には樹氷を楽しむことができます。

 

 

 

 

海外からもがたくさん人々が訪れて(特に中国系の観光客)、スキー場やロープウェイはとても賑わっています。

 

 

今年は雪がとても少ない年でしたので、市街地では雪を眺める事があまりできず雪遊びもできなかったためか、3月中旬でも『蔵王ロープウェイ』のスキー場はかなり混んでいました。

 

外出しないで家にこもっている人が多いのかと思っていましたが、駐車場はかなり埋まっていました。

 

 

 

 

ちなみに駐車場は無料です。海外からの観光客が激減している時期なので、珍しく日本人しかロープウェイに乗っていませんでした。

 

このような状況になる前は海外からの観光客が多く、ロープウェイの中が外国語で溢れていることもありました(‘◇’)ゞ

レストランもとてもおいしいです!景色を楽しめながら食事を楽しめます!

 

蔵王ロープウェイ』は、乗り換えが必要なロープウェイです。

 

1つ目のロープウェイは、山の中腹まで進みます。ここにレストランはなく、レストランで何か食べたいときには2つ目のロープウェイに乗って山頂まで行く必要があります。

 

山の上のレストランは概して高くてまずい(失礼!)ことが多いと思うのですが、ここの食べ物はどれも大変おいしいです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#蔵王 #蔵王温泉 #蔵王温泉スキー場 #蔵王キツネ村 #zao #蔵王ロープウェイ#三五郎小屋

Tin Long Ko(@kotinl)がシェアした投稿 –

 

オススメは芋煮系のメニュー、玉こんにゃく、坦々麺などです。少し高いですが、とてもおいしいので満足できます。

 

レストランからの眺めも素晴らしく、冬には樹氷を目の前で眺めることができますし、春夏秋冬それぞれの景色を楽しむことができます。

 

暖房も効いていて、真冬でもとても快適です。

 

建物には屋上があり、冬はとても寒いですが(マイナス10度なんて日もあります!)冬の寒さを感じたり、樹氷を間近で見たり、夏にはビーチチェアが置かれているので高原の気分を味わうことができます。

住所、アクセス方法、営業時間、利用料金、駐車場の有無等について…

 

 

住所≫

・〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉三度川229−3

 

 

アクセス方法

・JR山形駅から山形交通バス(山交バス)で約40分,あるいは山形上山ICから国道13号で20分

 

 

営業期間

・山麓線8:30〜17:00 (変更の場合あり),山頂線8:45〜16:45(変更の場合あり)

 

 

利用料金

・山麓線は大人1,500円,子ども800円,山頂線は大人800円,こども400円です(いずれも片道料金)

 

 

駐車場

・無料(十分なスペースが確保されています)

 

 

オフィシャル

http://zaoropeway.co.jp/