県内最大級!愛知万博跡地「愛・地球博記念公園」でみんなで遊ぼう!

 

愛知県内で最大級の広さを誇る「愛・地球博記念公園」は、2005年に開催された愛知万博の長久手会場の跡地に作られた公園です。

 

 

 

 

モリコロパーク」という愛称で親しまれているこの公園には、文化施設やレジャー施設など様々な楽しみ方ができる施設が盛りだくさんです。

 

家族や仲間と楽しめるのはもちろん、デートにもおすすめですよ!

 

今回は「愛・地球博記念公園」についてご紹介します。

「愛・地球博記念公園」といえばサツキとメイの家!観覧車も人気!

 

愛・地球博記念公園」の一番の人気スポットといえば「サツキとメイの家」。

 

スタジオジブリの映画「となりのトトロ」に登場するサツキとメイの二人が暮らす家がそのまま再現されています。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

草壁さんのおうち メイちゃ〜ん スワイプして見てくださいね。 過去picです。 #街歩き #街撮り #写真が好き #スナップ #snapshot #tokyocameraclub #東京カメラ部 #team_jp_ #Lovers_Nippon #art_of_japan_ #japan_of_insta #過去pic #となりのトトロ #ジブリ #愛知万博 #愛・地球博記念公園 #モリコロパーク #my_neighbor_totoro #ghibri

NobuBatta(@nobubatta)がシェアした投稿 –

 

どこか懐かしい雰囲気のかわいらしい赤い屋根の家は、ジブリファンはもちろん、「となりのトトロ」に詳しくない人も魅了します。

 

この施設は当日券だけでなく事前購入券も利用できるので、ぜひお買い求めくださいね。

 

 

また、「愛・地球博記念公園」内にある「ファミリー愛ランド」の観覧車も人気。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Photo by @katr_photography⠀ https://www.instagram.com/p/BrZ2fPhlsyK/⠀ .⠀ 本アカウントは、 #visit_tokai をつけてInstagramに投稿された皆さまの静岡・愛知・伊勢・飛騨・信州・木曽をはじめとした東海エリアの作品をご紹介していきます。⠀ .⠀ 高さ約88m・1周約15分の空中散歩を楽しめる「愛・地球博記念公園(愛称モリコロパーク)」の大観覧車は、2005年に開催された「愛・地球博」の長久手会場跡地にできた園内を、一望できるのが魅力。夜間にはライトアップされ、園内のランドマークとして輝き続けています。⠀ ※大観覧車の営業時間は17時までです。⠀ ※大観覧車ライトアップ期間は、2019年12月1日〜2020年1月31日(各日16時〜21時)です。⠀ .⠀ #visit_tokai #photo #travel #trip #japan ⠀ #女子旅スイッチ #東海 #旅 #旅行 #写真⠀ #旅行好きな人と繋がりたい ⠀ #写真好きな人とつながりたい⠀ #愛知 #愛・地球博記念公園 #instagood⠀ Follow: @visit.tokai

visit.tokai(@visit.tokai)がシェアした投稿 –

 

高さ88mのこの観覧車は東海地方で一番高く、開放感満点の時間が過ごせ、さらにクーラー完備で夏の暑い時期でも快適に楽しめます♪

 

抱っこできるサイズのペットなら一緒に乗ることも。

 

愛犬と公園をお散歩した後に観覧車を楽しむのもいいですね!

1日中いても飽きない!「愛・地球博記念公園」の遊具に子供も大満足

 

先ほどご紹介した「愛・地球博記念公園」内にある「ファミリー愛ランド」には、観覧車以外にも子供が大喜びしそうな遊びが満載です。

 

かわいいイルカの背に乗って川を下る「ドルフィンパラダイス」やトーマスやアンパンマンの乗り物に乗って遊べる「キディライド」、バラエティ豊富なゲームが揃った「ファンタジア」など、親子でたっぷり遊べる魅力的なエリアです。

 

 

また、園内にある「愛知県児童総合センター」は、4階建ての建物全体が遊具になっている、画期的な施設。

 

遊びながら学べるイベントが多数開催されたり、空中回廊やターザンロープなど、子供心をくすぐる遊び場になっています。

 

小さなお子さん向けのエリアもあるので、パパやママも安心して遊ばせることができますよ!

 

 

 

その他にも「愛・地球博記念公園」内には噴水やジャブジャブ池など自然体感遊具もたくさんあります。

 

愛・地球博記念公園」で親子の時間を充実させてくださいね!

茶室やアイススケート場も!「愛・地球博記念公園」を自由に楽しもう

 

大人から子供まで楽しめる「愛・地球博記念公園」ですが、見どころはまだまだあります!

 

園内には日本庭園や茶室など日本文化にじっくり浸れる施設や、アイススケート場・フットサル場などのスポーツ施設も揃っているので、大人たちのリフレッシュに利用するのもおすすめ。

 

 

 

 

また、飲食店やショップもあるので、食事を楽しんだり、お土産を買ったり、充実した時間が過ごせますよ。

 

万博の時とはまた違った魅力満載の「愛・地球博記念公園」へぜひ行ってみてください。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

🏃‍♂️長久手新春ふれあいマラソン大会🏃‍♀️今朝 地元で2005年愛知万博が開催された🌏愛・地球博記念公園でマラソン大会があり参加して来ました。走った後の🇳🇵ネパールカレーランチ🍛 #アトリエKunugi #長久手新春ふれあいマラソン大会 #愛・地球博記念公園 #モリコロパーク #モリゾーキッコロ

Eiichi Shibayama(@eiichi_shibayama)がシェアした投稿 –

 

 

《住所》

・〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1

 

 

《アクセス》

【電車】

東部丘陵線(リニモ)~「愛・地球博記念公園駅」下車すぐ

【バス】

名鉄バス「愛・地球博記念公園駅」下車すぐ

【車】

東名高速道路・日進JCTから名古屋瀬戸道路に分岐「長久手IC」東へ約5分、または東名高速道路「名古屋IC」から東へ約20分

 

 

《営業期間》

・4~10月 8:00~19:00、11~3月 8:00〜18:30 ※ただし施設休館日は8:00〜17:30

 

 

《定休日》

・施設休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は次の平日)及び年末年始(12月29日~1月1日)

 

 

《料金》

・入園料:公園は入場無料。ほか、施設ごとに異なる。

 

 

《駐車場》

・あり 北駐車場1,081台、西駐車場380台、南駐車場350台、合計1,811台駐車可能

 

 

《オフィシャル》

https://www.aichi-koen.com/moricoro/