よこはま動物園ズーラシア」の広い園内は、世界の気候帯や地域別にゾーンをつくられていて、

動物たちの生息地を自然に近い状態で感じられるように工夫されてつくられています。

 

入園料は大人は800円、高校生・中人は300円、小学生200円、未就学児は無料となっています。

しかし土曜日は小学生・中学生・高校生は入園料がなんと無料になります!家族でお出かけもでき、お財布にも優しいですね。

 

入園する際は、正門または北門からも入ることができるので、土日でも人が分散し、園内も混雑しすぎず散策しやすいように感じます。

 

園内を1日散策したところ万歩計で2万歩の記録が残る程、園内は広く、たくさん歩きます。

しかしそれでもまだまだじっくり観察したりお店に寄ったり遊んだりしていたらもっとたくさん歩くことになると思います。

 

(※フリー素材使用/frickr)

よこはま動物園ズーラシアでの名物の動物はなんといってもオカピ!

日本の動物園の中で初めてオカピが公開されたのは、ここの「よこはま動物園ズーラシア」なのです。

オカピはシマウマ科の混雑種のように思われがちですが、実はキリン科に属する動物なのです。

間近でオカピの魅力的な毛並みとオカピのかわいらしさを見ることができます!

のんびりしていると思ったら急に走り出したり、また急にぐっと近づいてきたりなど、オカピたちの迫力を感じながら独特な世界観を感じることができます。

 

(※フリー素材使用/frickr)

 

エリアにもよりますが、タイミングが良いと飼育員さんが動物の実際ついてた象の牙やフンなどを見せながら説明してくれたり、実際に触らせてもらうことができることもあります。

 

その他にも園内には石像がシャケが干されていたり、フンコロガシがこっそりいたり、本物そっくりな蛇がいたりします。

細かいオブジェや演出があったりするのでもあり歩いているだけでも楽しめます。

その他にもカンガルーがジャンプするときの距離が道に描かれていて、動物の特性を身をもって体験することができたりする工夫もされています。

 

ズーラシアは”動物”だけでなく、広場やアスレチックもあるんです♪

園内にはレストランカフェもありますが、広場はどこもとても広々としているので、天気が良いときは広場でお弁当を食べたりするのもおすすめです。

またそれぞれの広場には遊具アスレチックがあったり、みんなの原っぱにある大テントではショーが行われたりもします。

他にもベンチの足がオカピの形をしていたり、木が動物の形になっている等、細やかなところでカワイイ発見をすることもできます。

 

お子様連れの方に特におすすめな広場が「わくわく広場」です。

オカピがいるエリアの近くにあり、オカピの形をした遊具恐竜の骨の大きなオブジェがあり乗って遊ぶことができます

他にも大きな木の形をした遊具は、木の名がネットにはられていたりするアスレチックになっていて、

体を動かすことが大好きなお子さまにとっては大きな場所となっております。

遊ぶのに夢中になりすぎて、先に進めなくなってしまうかもしれないほど魅力的な遊具がたくさんあります。

 

 

1日過ごしてもたくさんの学びがあり、発見することができる場所です。

何度訪れてもわいわい話しながら楽しく過ごすことのできる場所です。

ぜひ家族や友人と動物を観察しに、また遊びに出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

【参考文献】

http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/map.php