”弘前四大まつり”のひとつ、春まつりが「弘前さくらまつり」です♪

 

青森県弘前市の春のおまつりといえば、全国的にも有名な『弘前さくらまつり』です。

 

弘前城がある弘前公園で行われ、地元の人には欠かせないおまつりで、おまつり期間中は何度も訪れるほど、みなさんが愛してやまない一大イベントです。

 

 

 

 

【開催時期】本開催2019年は4月20日~5月6日

※開花が毎年開催時期より早まっている為(地球温暖化の影響!?)準まつり体制として

本開催より、少し早めに開催したりもあります。

 

【出店営業時間】7:00~21:00

【園内ライトアップ】22:00まで

【料金】弘前公園入場無料

弘前城本丸敷地内(有料) 大人310円 小人 100円

弘前城本丸敷地内有料入場時間7:00~21:00

【駐車場】近隣駐車場 1000円 市役所等 30分100円 臨時無料駐車場 徒歩20分

 

 

日本でも屈指の桜の名所といわれる弘前公園のサクラは約50種2600本もあり、とにかく豪華絢爛

 

「日本さくら名所100選」、「人と自然が織りなす日本の風景百選」にも選ばれています。

 

ソメイヨシノをはじめ、枝垂桜など、たくさんのサクラを観ることができます。

 

 

貴重なものでいえば、樹齢130年以上といわれるソメイヨシノ、世界でここにしかない新品種「弘前雪明り」等が観られます。

 

遅咲きのサクラも豊富なので、期間中はそれぞれのサクラを楽しめます。

 

そのなかでもおすすめスポットを紹介します。

 

”サクラ”をモチーフにしたいろんな景色に富む「弘前さくらまつり」

 

「花いかだ」…最近ではニュースやインスタとかで、結構有名になってきました。

 

外濠の花いかだです。

 

サクラが散ったあとが、まるでピンクの絨毯のようでとても美しいです。

 

ベストショットを撮るなら5分散りくらいがちょうどいいのかなと思います。

 

(※フリー素材使用/花いかだ)

 

「弘前城」…弘前城本丸敷地内にある展望台からの眺めは絶景です。

 

さくら、弘前城、津軽富士の岩木山の3つが揃ったとてもスペシャルな景色を観ることができます。

 

「西濠」…さくらのトンネルがあり、見ごたえ抜群!また春陽橋からみるサクラは、濠の水面にサクラが映りサクラがかなり多く感じるスポットです。

 

夜桜もまた美しく、水面に映るサクラがライトアップでさらに幻想的に観える場所です。

 

 

 

 

最近では、サクラがハートに見えるスポットもおすすめです。

 

切り株にハートのプレートがあり、そこから空を見ると、さくらの切れ間がハートになっています。

 

南内門付近で人だかりが出来ているので見つけやすいかな?と思います。

 

桜だけやない!観光スポットに欠かせないのがグルメレポ♪他…(笑)

 

200店以上もある「出店」もおすすめです♪

 

”体験型”でいえば、むかしから名物の『おばけやしき』、『オートバイサーカス』、昨年は『フクロウカフェ』もありました。

 

子供も大人も興味そそられる出店ですよね(笑)

 

西堀の手漕ぎボートもおすすめ。60分1000円でボートに揺られながら楽しむのもいいですよ(^.^)

 

 

 

 

食べものでは、地元特有のものがおすすめです。

 

たとえば、『弘前公園名物ジャンボおでん

 

企業秘密のまっくろこんにゃく。味はやさしい、しょうゆ味。

 

それから『生姜味噌おでん

 

こんにゃくを頼むと生姜味噌をつけてくれます。

 

嶽きみ天ぷら

岩木山の嶽地区で取れたとうもろこしを使った、あつあつサクサク、甘さがおいしい天ぷら。

 

津軽弁でとうもろこしを (きみ)というんです♪

 

三忠食堂

昔っぽい看板が目印の食堂です。

 

オリエンタルラジオさんが出演されていた津軽百年食堂の映画のモデルになったお店。

 

津軽の中華そば(ラーメン)や津軽そば(あたたかい蕎麦)

 

おすすめです♪

 

亀屋のたこ焼き

お菓子のような甘いソースが衝撃的で、大人気。いつも行列です。

 

弘前アイス

昔からあるシャーベットのようなアイスでさっぱりとした甘味が特徴です。

 

 

 

 

他にも広場の舞台では、毎日伝統芸能や民謡等の様々な催しあり、期間中には、全国で行われた愛踊祭で優勝した、青森県ご当地アイドル「りんご娘」のステージもあります。

 

最近では、りんご娘リーダーの「王林」さん、テレビで人気ですよね!(^^)

 

 

 

 

このように、たくさんの魅力にあふれた『弘前さくらまつり

 

見に行ってみませんか!?