”ろまんちっく村”は、栃木県宇都宮市にある「道の駅」です

「なぁ~んだ、ただの「道の駅」かよ…なんでそんな場所を取り上げるの?」という声が聞こえてきそうですが…

ただの”道の駅”と侮るなかれ!「46haの滞在体験型ファームパーク」天然温泉の露天風呂『湯処あぐり』や温水プール、宿泊施設を備え、地産地消に拘った食も楽しめちゃう「道の駅」なんです。

 

 

【正式名称】道の駅うつのみや ろまんちっく村

【場所】栃木県宇都宮市新里町丙254

【営業時間】9:00~18:00(※レストラン・温泉施設は10:00~21:00)

 

 

東北自動車道の宇都宮インターチェンジからおよそ5分のところにあります。

最寄りの宇都宮駅からバスで30分ほどかかるので、電車よりも自家用車で行くことをおすすめします

 

ろまんちっく村は「道の駅」ですが、ぶらりと立ち寄ると言うよりも、旅の目的地にすべきスポットであり、想像以上に遊べる場所となっています。

何かを体験したり購入したりする以外は特にお金がかかりません。

 

 

”ろまんちっく村”は、広大な敷地の中に3つのエリアを持っています

 

森のエリア

10ヘクタールの広大な敷地を持ち、その敷地内にさまざまな種類の木々を見ることができます。

落葉樹や広葉樹、そして竹まで、きちんと整備された森の中を散策するだけでも、とても気分が癒されます。

森の中には、栃木県宇都宮市と姉妹都市である中国チチハル市との友好のシンボルである丹頂鶴がいます。ぜひ見てみてください。

春には筍掘りを体験したり、秋にはどんぐりをたくさん見つけることができます。四季折々の表情を楽しむことができる美しい森です。

 

里のエリア

何と言ってもおすすめなのが、ろまんちっくファームです。

ろまんちっくファームでは定期的に農業体験のイベントが開催されているので、子どもと一緒に参加して食育体験をするのがおすすめです。

ここで採れた新鮮な野菜は、園内の直売所等で販売されているので、買って帰る方が多いです。

 

また、芝生が生い茂っているにぎわい広場は、ボール遊びや鬼ごっこを存分に楽しめる広さなので、家族団らんにもってこいのエリアです。

にぎわい広場にはドッグランが隣接しているので、長旅に疲れたわんちゃんのストレス発散に使えます。

 

集落のエリア

一番賑わいを見せます。集落のエリアが一番楽しいかもしれません。集落のエリアには、なんとホテルがあります。

ホテル「ヴィラ・デ・アグリ」では、温泉やスパを楽しむことができます。

日帰り利用が可能なので、ぜひ旅の疲れを癒してください。

 

 

”ろまんちっく村”レストラン・温泉施設の営業時間・料金など…

 

午前10時から午後9時(受け付けは午後8時30分)までの営業で、温泉とスパの両方を楽しむことのできるセット券は、大人(高校生以上)1,230円、シルバー(宇都宮市内在住の60歳以上)1,180円、中学生610円、小人(3歳以上小学生以下)560円と、とてもリーズナブルです。

とくに時間制限はないので、ゆっくり利用できるのが嬉しいですね。

 

最後に…

旅のしめくくりに、地元の食材を楽しむことのできるレストラン「麦の楽園」でお腹を満たしてみませんか?

もし運転手が他にいて運転を代わってもらえるなら、宇都宮産二条大麦を使用したオリジナルの地ビー○で至福のひと時を味わってください。

また、地元食材を活かしたコース料理、地元産そば粉を使って作られたおそば等、おいしい食事もあわせて楽しんで♪