中世ドイツ農村部がモチーフ!?「滋賀農業公園ブルーメの丘」とは…

 

花や動物と触れ合える、自然とともに生きる公園「滋賀農業公園 ブルーメの丘

中世ドイツ風、バイエルン地方をイメージした農業公園

今年(2019年)の3月1日には、西日本最大級のアスレチック施設「アルプスジム」がOPENしました♪

 

 

 

滋賀県内屈指の「子連れで楽しめるスポット」として有名な「ブルーメの丘」…

花や動物、沢山の遊具やイベントなどなど楽しいアトラクションが盛りだくさんです。

 

 

【場所】
滋賀県蒲生郡日野町西大路843

 

【営業時間】
シーズン中/3月1日〜11月30日: 平日:10:00〜17:00、土日祝: 9:30〜18:00

冬季期間/12月1日〜2月28日:10:00〜17:00

 

【休園日】
シーズン中/毎週水曜日(祝日は営業)

冬季期間/毎週水、木曜日(冬休みは営業)

 

【アクセス】
蒲生スマートインターチェンジから車で約20分

公共交通機関では、JR近江八幡駅南口から近江バス「北畑口」行き乗車約50分

土日祝のみ、近江鉄道「日野駅」から

レトロなボンネット無料バスが運行しています。

 

【その他】
駐車場あり(料金無料・3,000台)/ベビーカーOK/レストラン・売店あり/授乳室・オムツ交換台あり

 

 

 

2018年春から「犬」連れOK!ペットと愛でる四季折々の花たち

 

《ブルーメの丘の魅力》

約3000平方メートルの広大な敷地にドイツの街並みを再現している園内は、入るとすぐに沢山の花が出迎えてくれます。

ヨーロッパの田舎街のような可愛い建物は雰囲気抜群!

 

園内には子供から大人まで楽しめるアトラクションが盛りだくさんです。

芝滑りやゴーカート、アーチェリーや釣り堀にパターゴルフなどなど幅広い世代が楽しめる遊具が沢山あります。

自然の中で身体を動かす遊びを通じて、子供も大人もリフレッシュ出来ること間違いなしです。

 

《四季の花々》

ブルーメの丘では、四季折々の花が咲きます。

春に咲く120種類13万本のチューリップ、20万本の菜の花、夏の前と秋に咲く1200株のバラや夏に咲く10万本のひまわりなど、

一年を通して花を愛でることが出来ます。

まるで中世のドイツのような花畑は中を歩いて周ることも出来、インスタ映えする写真を撮るにも絶好のスポットです。

 

 

《触れ合える動物たち》

園内には、可愛いカンガルーアルパカうさぎカピバラ放し飼いになっています。

触ったり餌をあげることが出来、動物たちに癒されます。

ワンちゃん連れでの来園も出来るようになり、ドッグランや園内ドッグフリーでワンちゃんたちものびのび遊べますよ。

 

 

《沢山の体験学習》

定期的に農業や酪農などの体験学習プログラムが開催されます。

子供たちはもちろん、大人も普段出来ない農業や酪農などの自然と触れ合える機会は心を豊かにしてくれます。

 

その他にも、その場でも申し込みが出来るソーセージ作りお菓子作りピザ作りなどなど…新鮮な素材を使った料理体験。

ハンドメイド制作といった体験が盛りだくさん♪

 

関西屈指のレジャー施設「滋賀農業公園ブルーメの丘」~まとめ~

 

家族連れは勿論、カップルや大人のグループも楽しめること間違いなしです。

滋賀県へお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。