近江の夏の夜を彩る『コトナリエ サマーフェスタ』ってなに??

 

コトナリエ サマーフェスタ』は、滋賀県東近江市の池庄町にある“ひばり公園”で開催されるイルミネーションイベントです。

 

ひばり公園は広さ10万平方メートルの広さがあり、11万個もの電球で飾り付けられます。

 

 

琵琶湖の東側にあるこの地域は、昔は「湖東(ことう)」と呼ばれていました。しかし、東近江市との合併により、湖東という名称は無くなってしまいました。

 

そこで、湖東という言葉を残して行くために“コトナリエ”を始めたそうです。

 

ちなみに…「コトナリエ」という言葉は、「湖東(ことう)+ルミナリエ(イタリア語で祝祭のためのイルミネーションの意)」の造語だそうです。

 

コトナリエのイルミネーションとエコ花火大会が見どころです♪

 

このイベントの特徴は、イルミネーションとしては珍しく、夏に開催されるという点です。

 

イルミネーションと聞くと、一般的には冬のイメージが強いと思いますが、夏に開催されるというのは珍しいですよね!

 

これならば、寒い思いをして外に出ていく必要が無いので、寒さが苦手という方にもおすすめです♪

 

 

また、大阪や東京など都会のイルミネーションイベントとは違い、混雑もそれほどひどくありません。そのため、子供連れでもかなり見て回りやすいです。

 

中には、公園の中を走っている子もいるくらいですので、子連れの方には特におすすめですよ!

 

夏の期間中(毎年8月上旬頃)に開催されていますので、事前に開催時期をチェックして、ぜひ暖かい夏のイルミネーションを楽しんでみてください!

 

【所在地】

〒527-0113 滋賀県東近江市池庄町610

【アクセス】

名神高速道路八日市ICから車で15分

駐車場は会場周辺に複数箇所あり。(必ず誘導警備員の指示に従って駐車してください。)

初日は、道の駅「あいとうマーガレットステーション」よりピストン運行の無料シャトルバスあり。

 

【開催時期】

2018年8月4日~8月15日 に開催されました。

※開催時期は事前に確認ください

【料金など】

入場は無料です。

 

 

 

『コトナリエ サマーフェスタ』の見どころやおすすめポイントは…

 

Point①:夏の開催で全然寒くない!

 

先にも書きましたが、冬のイメージが強いイルミネーションを夏に楽しめるというのは、一番のポイントだと思います。

 

冬の寒い夜に外へ出ていくのが億劫だったという人も、存分にイルミネーションを堪能できます。子供を連れていくにも、風邪をひく心配が無くて、良いのではないでしょうか?

 

ただ、公園ですので、やはり、蚊がいたりします。虫よけスプレーは忘れずに!!

 

 

Point②:期間中はイベントがたくさん!

 

 

2018年の時に開催されたイベントは、びわこ学院大学ダンスサークルによるダンスや和太鼓の演奏、jazzの演奏などでした。様々なイベントが連日開催されるので、大人でもとても楽しめます。

 

また、初日限定のイベントもあります。2018年は東近江市商工会青年部商工戦隊赤レンジャイショーが行われました。

 

 

そして、一番の目玉は毎年、実施される花火です。花火は、毎回、初日のフィナーレに打ち上げられ、12分間に訳1,000発の花火が上がり、結構本格的です。

 

 

イルミネーションと花火のコラボはとても素敵で見る価値がありますよ!

 

 

Point③:子供におすすめ!わくわくトレイン

 

このわくわくトレインは、イルミネーションで飾られた公園内を、電車でゆっくりと回ることができます。

 

これには子供も大喜び間違いなし!です♪

 

こちらは、料金が500円かかりますが、年に1度の夏のイルミネーションの機会に、是非、乗車してみてください。

 

 

参考HP(写真引用元)⇒ https://www.kotonarie.com/