2021年10月に発売されたマクドナルド三角チョコパイ「よくばりカスタード」に続き、11月10日(水)より「クッキー&クリーム」が発売されました。

 

2019年にも同商品は発売されていましたが、パイ生地がココア味からホワイトチョコ味に変わったほか、バニラクリームの中に入れるオレオクッキーの量を30%増量するなどリニューアルがなされており、昔の「クッキー&クリーム」を食べたことがある人にとっても新しい味わいになっています。

 

 

ただ、ダイエット中の人にとっては三角チョコパイは少しカロリーが高く、躊躇ってしまうのではないでしょうか。

 

今回は、三角チョコパイ「クッキー&クリーム」の気になるカロリーや販売期間などについて調査しました!

マクドナルド三角チョコパイ「クッキー&クリーム」の気になるカロリーは?

 

公式サイトによると、マクドナルド三角チョコパイ「クッキー&クリーム」のカロリーは323kcalとチーズバーガー約1個分のカロリーがあります。

 

他の商品とセットで注文する場合には、比較的低カロリーであるハンバーガーと爽健美茶などの無糖のドリンクなどをあわせると、650kcal程度におさまりますよ!

 

ハンバーガーを食べるときにはコーラじゃないと嫌だ!という方はコカコーラ・ゼロを注文しましょう。

 

 

ちなみに、650kcalがどのくらいのカロリーかというと、ビッグマックとコーラSサイズをあわせたくらいです。

 

それほど高カロリーではないことがわかりますね!

 

とは言え、間食の摂取カロリーとして推奨されているのは1日あたり200kcalなので、323kcalですと大幅に上回ってしまいます。

 

 

また、2019年よりもオレオクッキーの量が30%増量していることから、その分だけカロリーも増えていると想定されます。

 

食欲の秋で既に食べすぎてしまった!などどうしてもカロリーが気になる人は、単品注文にするか無糖のコーヒーとあわせておやつにいただきましょう。

三角チョコパイ「クッキー&クリーム」の販売期間は?

 

三角チョコパイ「クッキー&クリーム」の販売期間は11月10日(水)から11月下旬となっています。

 

Twitterで開催されている「#3のつく日は三角チョコパイの日」キャンペーンも11月30日まであることから11月末まで発売されていると考えて問題ないでしょう。

 

 

このキャンペーンでは、マクドナルドの公式Twitterのキャンペーン投稿に対してリプライをすると抽選で合計99名に対して1000円分のマックカードが当選します。

 

第一弾が11月13日(土)、第二弾が11月23日(火)、第三弾が11月30日(火)で、各日10時から23時59分までがキャンペーンの対象期間となっています。

 

ぜひ投稿してみてくださいね!

 

 

また、三角チョコパイ「クッキー&クリーム」が朝マックの時間帯も購入できるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

 

調べたところ、品切れでない限りはいつでも購入できるようです。

 

ただし、先月「よくばりカスタード」と同時期に発売された三角チョコパイ「黒」が2022年1月までの販売であることから「クッキー&クリーム」も来年まで販売されていると勘違いしないように要注意ですよ!

 

いくつもの層が重なったパイ生地と甘いバニラクリーム、オレオクッキーのザクザクした食感が楽しめる三角チョコパイ「クッキー&クリーム」。

 

寒い1日にぜひ味わいたい一品ですね!

まとめ

 

今回の記事ではマクドナルド三角チョコパイ「クッキー&クリーム」のカロリーと販売期間についてご紹介しました。

 

カロリーは323kcalとチーズバーガー約1個分のカロリーがあります。

 

ダイエット中でどうしてもカロリーが気になる場合には無糖のドリンクなどと一緒に食べるようにしましょう。

 

 

また、販売期間は11月10日(水)から11月下旬とされていますが、公式Twitterのキャンペーン期間が11月30日(火)まで開催されていることから11月末日まで販売されていると考えてよいでしょう。

 

なくなり次第販売終了ということはないですが、気づけば期間が終了していたということにならないように気をつけてくださいね!